草薙剣盗難事件

天智天皇即位の年(668年)に草薙剣盗難事件が発生した。
実行犯の道行は、新羅に向かって逃げたがつかまった。

686年、天武天皇が病に倒れたとき、草薙剣の祟りとされ、剣は熱田神宮に移された。

【謎1】事件の黒幕は誰か?

【謎2】盗難後、草薙剣はどこにあったのか?

いろいろな説があるようです。

古代有力氏族 始祖まとめ